マンションの新築時がエコカラットの導入には適しています

新築マンションは概ね構造体にコンクリートを使用していますので
完全硬化までには概ね10年と言われています。
もちろん薬品で硬化させていますので強度には問題ないレベルでのお話しです。
また最近のマンションは高気密高断熱構造になっていますので空調は効率良く働きますが
湿気がこもり易いです。
いわゆる構造体であるコンクリートから少しづつ硬化しながら水分を放出しています。
これらの湿気を吸着して室内の湿度コントロールしてくれる優れものがエコカラットになります。
エコカラットは除湿機のように一度に沢山の水分は吸着できませんがエネルギーを必要とせず
また故障と言う概念もありませんので半永久的に働いてくれる便利なタイルなんです。
上記の観点から新築時の綺麗な壁紙の上に貼るのは勿体ないと思われがちですが
新築時は特に湿気がこもるので後から貼るよりもメリットがひとつ多い訳ですね。

エコカラットの調湿効果は空気の対流により左右されます

空気も水も同じですが動かないところのものは質が悪くなります。
室内の空気で言いますと寝室や洋室、玄関などの空間が一般的に空気の対流が少ない場所です。
逆にリビングなどは人も多く出入りがありますし換気扇がありますので吸気と排気で空気が
キッチリ循環する仕組みになっています。
こういったリビングなどは常にフレッシュなエアが対流していますのでエコカラットの調湿効果には
恩恵がありません。
但し、食事をする場所でもありますので消臭効果の観点からは大変有効なんではないでしょうか。
話しを戻しますが寝室や玄関は人の通りが少なく空気が循環せず動きませんので湿気もこもり>
カビの繁殖に最適化されてしまいます。
こう言ったお部屋にはエコカラットが最適で室内の調湿コントロールもできてカビ繁殖の抑制にも一役買います。

上手に使えば半永久的にも

エコカラットは焼き物のタイルですので経年変化に強く変色もほとんどしません。
汚さずに綺麗に使えれば半永久的に使用できる優れた建材です。
その為には最初の施工が肝心です。
熟練した職人による接着剤の「目立て」、クシ目のでる金コテによる接着剤塗布とタイルの圧着具合です。
商品が良くても施工が悪ければ長期的に使えません。
施工店はタイル職人の居るお店へ依頼するようにしましょう。

エコカラットはインテリア性にも優れています

エコカラット機能面だけでなくインテリア性にも大変優れていて種類や色も豊富に選べるようになっています。
玄関から廊下、リビングに寝室など貼る壁やイメージに合わせてエコカラットをセレクトする事ができます。
適材適所、貼る場所によりタイルの割付が変わりますので専門店にて相談してから種類をお決めになるのも良いかもしれません。
また玄関には人気のミラーを貼り合わせたコラボレーションも楽しみのひとつですね。
選ぶエコカラットの厚みに合わせて面取り加工したり小口磨きであったりしますのでプロに相談してみましょう